白髪染めの種類ってなにがあるの?


白髪染めってたくさんありますよね。
自宅で手軽にできるヘアカラーと同じように種類があるのです。
基本的なしくみは、同じようなものでありますが、クリーム、泡、ジェルなど様々なものがあるので、自分が使いやすいものを選ぶといいみたいです。

【ヘアカラータイプ】

白髪染めでも、ヘアカラーでも最も多いといわれるタイプ。
ヘアカラーと同じく、安定した染め上がりと、約2ヶ月とモチがいいということ。
しかし、ヘアカラーと同じく、白髪染めもブリーチ(脱色)して
カラーリングするので、髪の毛や頭皮にはダメージが大きいので、
繰り返し使っていると髪の毛を痛めてしまうこともあります。

【ヘアマニキュアタイプ】

こちらも、ヘアカラーと同じようにあるタイプです。
このタイプは、ヘアカラーとは違ってブリーチはせずに、
髪の表面を染めるという仕組みなので手軽にヘアカラーを楽しみたい♪
なんて人に人気のタイプです。
また、キューティクルをコーティングしてくれるので、ヘアトリートメントのような効果もあるといわれています。

デメリットとしては、表面のみを染めているので、シャンプーしていると
落ちてきてしまうことがあるのです。ダメージとしては少ないので、
敏感肌の人にも使えますね。

【一時染めタイプ】

いわゆる部分染めに向いたタイプです。スティックやスプレーなどが
あります。ヘアマニキュアと同じく髪の表面だけを染めるので、
シャンプーで色がおちますので、ヘアカラーで伸びてきた部分にちょこっとという使い方をします。