自分が死ぬ前にエンディングノートをつけてみよう


人は生まれる日は分かっているのに、死ぬ日のことは誰にも分かりません。
特に高齢になってくるといつ死んでもいいように終活をしている高齢者の人が最近増えています。

そのため、自分がいつ死んでも大丈夫なように。家族がパニックにならないようにと
考えだされたのが「エンディングノート」というものです。最近発売されたもので
自分に万が一のことが起こった場合に、自分がどうしてほしいのか・家族に何をしてほしいかなど
伝達する事項をまとめたものを、エンディングノートといいます。

エンディングノートは、簡単に言ってしまえば遺書のようなもので。
父親やおじいちゃんであれば、家族に分ける遺産分与を書いておくこともできます。
そして、自分がどんな葬儀をしたいのかを書いておくこともできるので、今のうちに
自分がどんな形で終わりたいのかを思い描いて、書いておくといいでしょう。

エンディングノートは、さまざまな会社から出ているので探してみてください。
だいたいは、質問形式で書いておけるものなので、自分が書きたいこと、書きやすそうなものを選んで
書いてみましょう。

エンディングノートには霊園の名前などを書き込んでおくと
遺族がどこに埋葬したらいいのかをしっかり伝えられます。