女の子の憧れパティシエの資格を取るまで バーで働くにも有効?


jjjjdhhsdhs

現在放送中のNHKの朝ドラ「まれ」でも話題ですが、パティシエという職業は広く女の子の憧れです。そんなパティシエの資格を取るまでにはどんなことが必要なのでしょうか?今回はパティシエの資格を取るのに必要なことや、そのお仕事についてご紹介します。

パティシエの資格を取る

パティシエは正式名称を製菓衛生士師といいます。製菓衛生士師の資格を取るためには、厚生労働大臣指定の専門の養成施設で学び、そのあとで試験を受けて取得する方法と、直接国家試験を受けて取得する方法の主に2つあります。1年半以上の決められた過程を専門の養成施設で学んだ後国家試験に合格すれば、その都道府県の知事から資格を受けることになります。また養成施設で学ぶことなく直接試験を受ける場合、2年以上の実務の経験がなくてはいけません。試験に合格すれば養成施設に通った場合と同じように都道府県から資格が授与されます。

パティシエのお仕事

気になるパティシエのお仕事内容ですが、もちろんお菓子作りがメインであることは言うまでもありません。しかしそれと同時にパティシエは新たなお菓子の開発を行うという重要な任務を担っているのです。お菓子の世界もファッションのようにトレンドが目まぐるしく変わっていきますから、新しいものを開発し後世に残していくことも大切なのですね。

クラシックBarって・・・。 – 音楽配信 | 教えて!goo